【ネタバレ感想】さよならの朝に約束の花をかざろう

映画「さよならの朝に約束の花をかざろう」のネタバレがあるので、まだ見ていない方は回避推奨。

-----




















-------

 この土日で2回観てきましたよ。さよ朝こと映画「さよならの朝に約束の花をかざろう」。人間関係を描かせたら一級品の脚本家、岡田麿里の初監督作品。

「あの花」はそうでもないけど「ここさけ」は好きだったので、監督やると知って楽しみにしていた。2月の序盤に公開したコードギアスの第2章を見に行ったときに初めて予告編を観たのだが、「これは凄いのが来るぞ」っていうのがビシビシ伝わって俄然期待値が高まっていた。そしてそれをちゃんと超えていってくれた。

 濃厚なハイファンタジーを久しぶりに観た。中世・エルフ・ドラゴン・戦争。終始ロードオブザリングを観てるみたいな感覚だった。どうしても邦画実写だとSFとファンタジーは難しい(ハリウッド級の予算がないと厳しい)ので、アニメーション映画だからこそ描ける本格的なファンタジー。良いね。
 ただちょっと辛かったのは名前。聞き慣れなさすぎて一週目は全然覚えられなかった(視聴後の感想でも「梶くん」とか「杉田の人」とかで意見交換していた)。二週目は直前にパンフレットでばっちり予習していったので大丈夫だった。
 名前を覚えたおかげで、序盤でとっさに名前が思いつかなくて見ず知らずの赤ん坊に幼なじみのレイリアの名前をつけようとするマキアの可愛さ(ネーミングセンスの無さ)に気付けた。んでエリアルのリアはレイリアのリアというのも2週目で気付いた。趣深い。

 ちなみに1回目の救出作戦の時は完全にNTRの気分だった。ちょっと吐きそうになった。あえてそのシーンで表情が映されないクリムの心境を考えると辛い。屋上でレイリアの告白をどんな気持ちで聞いていたのだろう。
 というかクリムが全体的に可哀想すぎた。2週目は完全にクリムに感情移入していたのだけど、彼の視点からだと本当に悲惨な物語である。彼はただ奪われた大切なものを取り戻そうとしただけ。すべてをかけて愛する人を助けようとしただけなのに。特に1週目の襲撃に失敗した夜に、大切なものを守れなかった過去を後悔しているような言動をしたシーンと、最後にレイリアに拒絶された時に見せた苦悶の表情が切なすぎた。
ちなみに2回目の襲撃の際にクリムは死んだと思っていたので終盤で再度出てきた時は驚いた。2週目観てみると、窓の方向に走っているので逃走に成功したようだ。もしそれをレイリアが目撃していたら彼女は過度にメドメルに依存することもなく、彼の人生は変わっていたかもしれない。


幸せな気持ちになりつつ、同じくらい悲しい気持ちになりつつ。総括はそんな感じ。
良い読後感の映画でした。


<その他気付いた事>
・1回目の襲撃失敗後のメザーテからの旅立ちの日、背景にお城の塔が映っているのが象徴的。同じ旅立ちであるラストシーンを意識しているのだと思った。
・パンフレットによると最後にエリアルに「お母さん」と呼ばれたとき、マキアはエリアルに(恋愛として)振られたらしい。そう思ってみると確かに少し悲しい表情をしていた。
・赤目病はレイリアによると「内にため込んだもの」で起きるらしい。最後のレナトは自由に飛んだから多分長生きしたのだろう(ラストシーンは結構年月がたってそうだし)
・ラストシーンで茶髪の人がいたのでメドメルの関係者かと思ったが、レイリアの別の子供でも全然おかしくなかった。イオルフの男性はハーフの商人くらいしか残ってないので、レイリアは恐らく普通の人間と結ばれたのだと思う。

コメント

このブログの人気の投稿

WHITE ALBUM2のかずさTrueがグランドエンディングだと主張したい(その1)

読書感想文:証券アナリストのための企業分析